【キングダム】王騎軍第5軍長同金(どうきん)について考察してみた

当記事では漫画『キングダム』の王騎軍第5軍長・同金の魅力を徹底的に考察していきます。

王騎軍の第5軍長

同金は王騎軍の第5軍長として登場します。

©原泰久/集英社

かなり強面の顔が特徴!

ヒゲを蓄え、左耳にはピアスをしているのも同金の特徴ですね。強面だけど意外とオシャレなのかもしれません。

いやぁそれにしても怖い顔です。王騎軍の軍長たちの中で1番強面かもしれません。

ちなみに王騎について書いた記事は↓

【キングダム】最強の大将軍・王騎の実力と魅力、戦績を語り尽くす!

使っている武器は矛

同金は王騎や録嗚未らと同じく、大きめの矛を武器としています。

©原泰久/集英社

こちら↑のシーンでチラリと矛が描かれます。

王騎軍は王騎を始め、録嗚未や干央も矛を使うため、かなり矛を使う武将が多いです。

そして録嗚未と同じく、黒いマントのような布をつけている点も見逃せません。

臨武君に討ち取られる

同金といえば臨武君にあっけなく討ち取られるシーンがハイライト。

王騎軍の軍長たちの中で1番早く死んでしまう存在でもあるので、非常に情報が少ない武将でもあります。

しかも臨武君には本当にあっけなく、一撃で討たれてしまいます。

最強の王騎軍なんだから、もう少し奮戦するシーンを描いてあげてほしかったところです(笑)。しかし、この関係性から同金を討ち取った臨武君の強さが分かりますし、臨武君を討った騰の強さも分かりますね。

王騎が亡くなった時は号泣

同金は王騎が亡くなった時に号泣しています。

©原泰久/集英社

激昂した録嗚未との性格の違いが分かりますね。

かなり号泣しており、王騎への忠誠心が伝わります。

録嗚未と仲良し?

実は同金は録嗚未と仲良しだったのでは?と思っています。

©原泰久/集英社

その理由が↑のシーン。

録嗚未が、同金を討った臨武君に会った時、激昂して臨武君に襲いかかります。

録嗚未はもともと、同金と仲が良かったのかなという事が伺えます。録嗚未の情の厚さも分かりますね。

ちなみに録嗚未について詳しく書いた記事はこちら↓

【キングダム】酒飲みで感情的な録嗚未(ろくおみ)を語り尽くす

『キングダム』の購入はこちらから

作者:原泰久

出版社:集英社

無料試し読み

キングダムをお得に読むなら電子書籍がおすすめ

キングダムをお得に読みたい方、私は電子書籍をオススメします。キングダムは巻数も多く、持ち運びも大変なのでなおさら!新規会員登録すれば半額で購入することも可能です。


▼筆者ハックルベリーが最もオススメする電子書籍ストアはebookjapan

電子書籍ストアebookjapan(イーブックジャパン)は使いやすくて1番推せる!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!


▼2番目にオススメする電子書籍ストアBookLive!

電子書籍ストアBookLive!(ブックライブ)は安さと探しやすさがピカイチ!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!