【キングダム】桓騎軍の参謀・摩論(まろん)の実力は?礼儀正しい軍師に迫る!

当記事では、漫画『キングダム』に登場する桓騎軍の摩論(まろん)について考察します。桓騎軍の参謀である摩論。今回の記事では、「摩論の実力は?」「どんな性格なの?」などについて書いていきます。

摩論とは?

©原泰久/集英社

桓騎軍の参謀

摩論は桓騎軍の参謀であり、桓騎軍幹部の一人。五千人将です。

桓騎軍の幹部は、雷土・黒桜・摩論によって構成されています。雷土と黒桜は副官、摩論は参謀という位置付け。

▼ちなみに桓騎について詳しく書いた記事はこちら。

【キングダム】桓騎(かんき)将軍の残酷だけどかっこいい魅力を語り尽くす!

性格は穏やか

摩論の性格は非常に穏やかです。

性格の荒々しいメンバーが多い桓騎軍の中、唯一「敬語」を使うメンバーでもあります。

©原泰久/集英社

飛信隊に黒羊丘の戦いで作戦を伝える際、年下であろう信や河了貂に対してもしっかり敬語を使います。

河了貂に対しても「軍師・河了貂」と呼ぶなど、人に対するリスペクトをきっちり持った人物のようです。オギコすら「オギコさん」と呼ぶ徹底ぶり。

一方で自分のこと「桓騎軍の参謀を授かる”紳士”」と自分で言った時のように、小ボケをかますこともあります。ですが、ややスベリ気味。

摩論の実力

摩論の実力はいかほどでしょうか?

摩論が戦闘に参加するシーンはあまり描かれません。参謀なので武力ではなく知略を練る役割を担っていますが、知略の方でも強烈なインパクトは残していません。

それもそのはず。桓騎軍の奇想天外な戦いは、桓騎自身が考えているものが殆どだからです。黒羊丘にせよ、魏との戦いにせよ、函谷関にせよ、桓騎自身で策を練っているように見えます。

いや、正確には本編に描かれていないだけで摩論が考えている可能性もあります。が、見るからに桓騎本人が「考えた張本人」的に描かれますので、桓騎が策を考えているのでしょう。

では摩論は実力無いの?となるわけですが、そんなことは(おそらく)無いでしょう。

あの桓騎が参謀として登用している存在です。相当に頭がキレることは間違いありません。

今後大きな活躍を見せてくれるかもしれません。

摩論の弱点

摩論の戦における弱点は明らかになっています。それは絶対に危険を冒さないことです。常に自らの命を優先します。

それが見られたシーンは2回あります。

  • 飛信隊と桓騎軍が揉めた時、桓騎に刃を突きつけられた際に助ける気が無かった
  • 鄴(ぎょう)攻めの際に「兵糧が尽きる前に逃げよう」と桓騎に提案する

この2つです。

©原泰久/集英社

秦という国への忠誠心が低く、自分の命を常に優先するのが摩論の弱点です。

これは摩論の弱点というよりは桓騎軍の弱点と言えるかもしれませんね。

料理が上手い

摩論は料理が上手いということが分かっています。

それは鄴(ぎょう)攻めの際に雷土の一言で明らかになります。

©原泰久/集英社

「うめーなやっぱ摩論お前の味つけは」

という雷土のお墨付きです。

このシーンの後にオギコも摩論の作った料理を食べ過ぎて摩論に注意されます。

確かに桓騎軍、料理が得意そうな人がいませんね……。

料理が上手いという意味でも、桓騎軍の中で摩論は貴重な存在になっているのかもしれません。

摩論は実在したのか?

ハックルベリー調べによると、摩論は歴史上には実在しない人物とみられます。

キングダムオリジナルキャラですね。

桓騎は実在しているのですが、それ以外の桓騎軍のメンバーはキングダムオリジナルのようですね。

『キングダム』の購入はこちらから

作者:原泰久

出版社:集英社

無料試し読み

キングダムをお得に読むなら電子書籍がおすすめ

キングダムをお得に読みたい方、私は電子書籍をオススメします。キングダムは巻数も多く、持ち運びも大変なのでなおさら!


▼筆者ハックルベリーが最もオススメする電子書籍ストアはebookjapan

電子書籍ストアebookjapan(イーブックジャパン)は使いやすくて1番推せる!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!