【キングダム】人を見る目はNo.1!白老・蒙驁将軍を語り尽くす!

当記事では漫画『キングダム』秦国の大将軍・蒙驁について魅力を徹底的に考察していきます。蒙驁は白老と呼ばれる大将軍でありながら、やや地味な存在に思われているかもしれません。そんな蒙驁将軍の人物像や性格について書いていきます。

蒙驁とは?

まずは蒙驁のパーソナリティご紹介します。

家系

蒙驁は、秦国の大将軍の一人です。子供には秦国の将軍の1人である蒙武がおり、孫には蒙恬と蒙毅がいます。

蒙恬は信の戦友でありライバルである武将ですね。蒙毅は河了貂の兄弟子である軍師です。

蒙驁は非常に大きな体格をしていますが、その体格を蒙武は受け継いでいます。

国の出身

蒙驁は斉の出身です。

斉で生まれますが、際立った戦績を残すことは出来ず、息子である蒙武と共に中華の各国を放浪しています。

©原泰久/集英社

▼蒙武について詳しく書いた記事はこちら↓

【キングダム】秦国最強の武力・蒙武の実力と魅力、戦績を語り尽くす!

穏やかな性格

蒙武といえば穏やかな性格が特徴的。

©原泰久/集英社

常に落ち着いており、部下や味方に対して激昂することはありません。好戦的な武将の多い秦国の武将の中では、非常に珍しい性格とも言えます。

故に部下から蒙驁への信頼は厚く、部下や他の武将が彼の悪口を言うようなシーンは一度も描写されませんでした。

蒙驁流の激

蒙驁は常に穏やかな性格ですが、戦の時には部下たちを奮い立たせるために蒙驁流の激を飛ばします。

©原泰久/集英社

王騎や信たちとの激とは違う、蒙驁流の激は部下たちを「息子たち」と言って奮い立たせるものです。

こちらのシーンでも、左下のコマで、おそらく蒙驁直属の部下たちが目に涙を溜めて感動している事が分かります。

部下たちにとっては父のような存在であり、他の軍とは異なる絆が蒙驁軍には築かれている事が分かります。

部下の才覚を見抜く力

蒙驁には他の武将には無い力があります。それは部下の才覚を見抜く力。

蒙驁は自身の軍の副将に、桓騎と王翦を据えます。その後の話で明らかになっていきますが、この2名は戦いの天才。そしてかなり性格に難を持つ将軍です。

その2名がいずれも、蒙驁将軍には文句ひとつ言わずに従っていた事は注目に値します。

蒙驁の人柄の良さや誠実な性格は、癖の強い桓騎や王翦をも惹きつけたのでしょう。

また、主人公の信の実力にもいち早く目をつけ、魏との戦では信を臨時の千人将に格上げする英断を下します。

蒙驁のクセ

蒙驁には独特なクセがあります。

©原泰久/集英社

蒙驁独特のクセが描かれたのはこちらのシーン。廉頗との一戦を前に描かれました。

蒙驁は大きなプレッシャーを感じた時、小汚い老兵に化けて陣内を徘徊するのだそう。

この時は、過去に負け続けている廉頗との一戦を前にナーバスになっていた所を老兵に化けて徘徊していると、信と出会い、逆に信から勇気づけられるのでした。

蒙驁が信にかけられた言葉は

ケンカってのは最後に立ってた奴の勝ちだ

このような一言でした。

この一言で蒙驁は吹っ切れ、廉頗との一戦に挑みます。

廉頗との関係

蒙驁は廉頗と何度も戦を重ねてきた経験があります。

©原泰久/集英社

趙の三大天であった廉頗と蒙驁は過去に何度も相まみえており、そのたびに蒙驁は敗れていると、息子の蒙武が語ります。

蒙武との関係

蒙驁は息子である蒙武とのエピソードが感涙モノです。

©原泰久/集英社

蒙驁・蒙武の絆は蒙驁が危篤になった時に描かれます。

蒙驁が危篤になっても蒙武は戦を優先し、自らの持ち場を離れることはありませんでした。

しかし蒙驁と蒙武は、蒙武がまだ幼い頃に2名で斉から秦に辿り着くまでの苦しい旅路の思い出があります。

蒙驁は蒙武と納屋で寝ながら「苦労をかけるなー」と伝えます。一方の蒙武(幼少期)は「全然」と強がってみせます。

こんな思い出を、蒙武は蒙驁危篤の際に思い出し、

すさまじい長旅であったな…親父殿…

と、夕日の向かって献杯するのでした。

一方の蒙驁も、死の前に発した最期の言葉が

長い旅じゃったのォ……

と、蒙武の言葉と同じでした。恐らく蒙武と同じく、昔の事を思い出していた事でしょう。

このエピソードは2人の親子としての強い絆と、歩んできた道の壮絶さを物語るシーンです。

蒙恬らに託した願い

そして蒙驁は自らの死を悟った時、孫である蒙恬と、そして信に伝言を伝えます。

©原泰久/集英社

それのメッセージは「三人で一緒に高みへ登れ」というものでした。

蒙驁は趙の三大天や、秦の六大将軍を、本心では「かっこいいなー」と感じていたと語ります。

歴史に名を残した自身のライバルたち(六大将軍)を超えていけ、というのが、蒙驁から蒙恬・信・王賁へのメッセージでした。

キングダムをお得に読むなら電子書籍がおすすめ

キングダムをお得に読みたい方、私は電子書籍をオススメします。キングダムは巻数も多く、持ち運びも大変なのでなおさら!


▼筆者ハックルベリーが最もオススメする電子書籍ストアはebookjapan

電子書籍ストアebookjapan(イーブックジャパン)は使いやすくて1番推せる!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!


▼2番目にオススメする電子書籍ストアBookLive!

電子書籍ストアBookLive!(ブックライブ)は安さと探しやすさがピカイチ!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!

『キングダム』の購入はこちらから

 

作者:原泰久

出版社:集英社

無料試し読み