【キングダム】山界の王・楊端和の性格や特徴を語り尽くす!

当記事では漫画『キングダム』の秦国の大将軍・楊端和について魅力を徹底的に考察していきます。楊端和は作中でも屈指の美女であり、秦国の大将軍でもある大人気のキャラクターです。実写映画版では長澤まさみさんが演じたことでも有名です。そんな楊端和の性格や特徴について漏れなく書いていきたいと思います。

楊端和の位は?

楊端和は、合従軍編の戦いでの活躍により秦国から「大上造」の位をもらっています。大上造の位は、大将軍の位と同等であると作中では語られます。

彼女は「山の民の王(女王)」に君臨していますが、戦の際には秦国に加勢します。

※単行本56巻発行時点

秦国のと山の民の関係

なぜ楊端和率いる戦闘民族・山の民が秦国に加勢するのか、関係性をおさらいしておきます。

©原泰久/集英社

楊端和は、秦国の王である嬴政と強固な盟を結びます。

その発端は400年前の「馬酒兵」の話が起源。400年前の秦王が、軍馬を食べた山の民に酒を振る舞うほど寛容で人間愛に溢れており、その時に山の民と秦で盟を結びます。

しかしその後、お互いに交流はありませんでしたが、嬴政が楊端和のもとを訪れて、中華統一の夢を語ります。その信念に共感した楊端和は、400年前の盟の復活を受け入れます。

秦国の救世主

楊端和、及び山の民は秦国の救世主とも言える活躍をします。

©原泰久/集英社

合従軍編で蕞の攻防戦、李牧の軍の侵攻によって秦国が滅ぶ寸前、山の民が秦国救出の手助けをします。

楊端和、山の民のおかげで秦国が滅亡の危機を脱したと言っても良いでしょう。その感謝の思いを、嬴政が楊端和に伝えたのが↑の画像です。

李牧も予測出来なかった山の民の加勢は、戦局を大きく変え、合従軍の侵攻を終わらせました。

知略の鋭さ

楊端和は鋭い知略の持ち主です。

©原泰久/集英社

こちらは趙に攻め込む前の楊端和。

楊端和軍に参加した飛信隊の河了貂が戦の前から力みすぎている事を見透かし、その不自然さは李牧にも見抜かれると指摘します。

知略に優れる李牧と王翦の一騎打ちに見えた鄴攻めですが、実は楊端和も2名と近いレベルの知略を持っている事は確かです。

楊端和の檄と統率力

楊端和の檄も注目してほしいポイントです。

©原泰久/集英社

山の民は1つの民族ではなく、いくつもの民族が集まっている集団です。

そんな戦士たちを1つにまとめる統率力こそ楊端和の真髄とも言えます。

特に、山の民の言葉を操って檄を飛ばすその姿は、勇猛な大将軍そのものです。

楊端和の武力

楊端和は武力も抜群です。

©原泰久/集英社

こちらは楊端和の戦闘シーン。

麗しきその見た目とは裏腹に、戦闘の際は武力も存分に発揮します。

血の気の多い戦闘民族である山の民を統率しているわけですから、武力も超一流でないと辻褄が合いませんね。

山の民の主要なキャラクター

ここからは、楊端和の率いる山の民の軍勢についてご紹介します。

バジオウ

まずはバジオウ。楊端和の”剣”として登場する戦士。山の民の最強戦士とも言われます。楊端和族の一人。

山の民の言葉だけでなく、信たちと同じ言語も喋れます。

幼い時に戦をして暴れていたバジオウを楊端和が拾い、戦友として修羅場をくぐり抜けます。

楊端和が1人の戦士として一番手強いと感じたのはバジオウだったと語っています。

趙に攻め入った時には楊端和の命を守る活躍をします。

仮面を外すシーンはありませんが、目が映るシーンは描かれており、おそらく超イケメン。

タジフ

次はタジフ。彼もバジオウと同じく楊端和族の一人。

タジフは巨漢の戦士で、棍棒のような武器を使います。

バジオウと同じく王都奪還編から登場しており、信と友情関係にあります。

シュンメン

シュンメンもおそらく楊端和族の1人で楊端和の側近。

山の民の戦士にしては珍しく、冗談を言って楊端和にボコボコにされるシーンが描かれます。

エンポ爺

山の民の長老。

楊端和の事を「マンタンワ」と呼ぶ。壁登りがめちゃくちゃ速い。

カタリ

メラ族の族長。

妹のキタリが「カタリの刃とまともにやり合えるのは、山界でも端和とバジオウくらい」と言うほどの実力者。

人間的にも成熟しており、妹のキタリと共にメラ族を率いる。

キタリ

メラ族の一人で、カタリの妹。

食料を燃やされた壁の事が気に入らなかったが、徐々に戦士として成熟していく。

キングダムをお得に読むなら電子書籍がおすすめ

キングダムをお得に読みたい方に、私は電子書籍をオススメします。キングダムは巻数も多く、持ち運びも大変なのでなおさら!


▼筆者ハックルベリーが最もオススメする電子書籍ストアはebookjapan

電子書籍ストアebookjapan(イーブックジャパン)は使いやすくて1番推せる!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!


▼2番目にオススメする電子書籍ストアBookLive!

電子書籍ストアBookLive!(ブックライブ)は安さと探しやすさがピカイチ!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!

『キングダム』の購入はこちらから

 

作者:原泰久

出版社:集英社

無料試し読み