胸をえぐられ、心の底が熱くなる100m走漫画『ひゃくえむ』を絶対読んだほうがいい

すごい漫画が発売された。名前は『ひゃくえむ』。

マガジンポケットで連載されている、陸上の100m走を描いた漫画。

これは2019年に発売される漫画でナンバーワンになる。少なくとも私にとってはナンバーワンだ。

もしかしたら「このマンガがすごい!」や「漫画大賞」に選ばれるような漫画ではないかもしれない。それでも私はこの漫画がナンバーワンだと伝えたい。このブログでは、『ひゃくえむ』の素晴らしさを書いてみたい。

作者:魚豊

出版社:講談社

無料試し読み

第1話に描かれる圧倒的熱量

まずは第1話だけでも読んでみてほしい。この漫画で描かれる圧倒的な熱量の前に、あなたの心がどう動くのかを確認してほしい。

この漫画の序盤に登場する人物はたった2人。

100m走が日本一速いトガシと、転校生で足が遅い小宮。

生まれつき足の速いトガシは、全国で1番足が速い。100m走さえ速ければ「たいていのことは解決する」と考えている。

生まれつき足の遅い小宮は、足が遅いけれど何故か河川敷を1人で走っている。走ったって何も解決しない事は分かっていながら、現実がツラいから走っていた。

そんな二人が出会った。

学校では尊敬されているトガシ。学校では「オバケ」と呼ばれ蔑まれている小宮。

そんな二人が出会った。

(小宮)「今からでも速くなれるかな?」
(トガシ)「…いや、それを決めんのは君だろ」
(小宮)「決めるのは…僕…」

ここから二人の物語が動き出す。

持つ者と持たざる者の対比

この漫画は「トガシと小宮」という二人の対比を中心に描かれる。

トガシは生まれつき足が速い「持つ者」。しかしトガシにも決定的に足りない物があった。

小宮は生まれつき足が遅い「持たざる者」。しかしトガシが持っていない「熱」を秘めていた。

トガシは足の遅い小宮に走り方を教える。小宮はそれをどんどん吸収していく。そして小宮の存在は、トガシに大きな影響を与えていく。

『ひゃくえむ』で描かれる二人の対比は、才能と熱量の対比でもある。

小宮の熱量が伝播したトガシ、トガシの才能が伝播した小宮。

まるで太陽と月のような二人の関係性が、「100m走」というシンプルな競技の中に閉じ込められる。

1位を取るということ

『ひゃくえむ』には重要な視座がある。

それは1位を取るものは1人であるということ。

当たり前だろう。と言われたらそれまでかもしれない。

でも、これは1位になった者にしか分からない感覚でもある。

「100mだけ誰よりも速ければ、全部解決する」

というトガシの言葉は、1位の人間にしか口に出来ない言葉だ。

そしてこの言葉はおそらく、トガシ自身にいつか跳ね返ってくる言葉でもある。

追われる恐怖、転落する恐怖。その恐怖の相手は、自分が走り方を教えてあげた小宮かもしれない。

月と太陽が同時に1位を取る事は、100m走では許されない。

『ひゃくえむ』は、そういう漫画だ。

100m走に熱量を込めて描くということ

『ひゃくえむ』は非常に難しいことにチャレンジしている漫画でもある。描かれる競技は、人が100mを全力疾走する。それだけの競技だからだ。

派手なオーバーヘッドキックも無ければ、ブザービートを描くことも出来ない。メガネくんのドラマチックなスリーポイントだって描けない。

ただ懸命に100mを走る。ただそれだけを漫画として熱量を込めて描く。

私は漫画家ではないけれど、その難易度は十二分にわかるつもりだ。

しかし100m走に命をかけている選手がいるように、この100m走漫画には技術やドラマが詰まっている。技術だけではダメ、才能だけではダメ、熱量だけではダメ。

それは100m走だけではなく、あらゆる活動に共通することなのではないだろうか。

『ひゃくえむ』の作者は、100m走を通じて、トガシと小宮を通じて、あなたの心に火をつけようとしている気がしてならない。

この漫画から火を受け取るかどうかは、アナタ次第だ。

作者:魚豊

出版社:講談社

無料試し読み

『ひゃくえむ』を読むなら電子書籍がオススメ

キングダムをお得に読みたい方、私は電子書籍をオススメします。


▼筆者ハックルベリーが最もオススメする電子書籍ストアはebookjapan

電子書籍ストアebookjapan(イーブックジャパン)は使いやすくて1番推せる!他サービスとの比較や評価を丁寧にレビュー!